忍者ブログ
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この間の横浜プロレスをSアリでやっていた。

ハマプロを見ていて思ったのは
BJW本編ではもうできないようなことを
小さなハコで好きにやる、
というのが隠れたテーマではないだろうか。
もちろん大義名分は「地域密着型プロレス」だが
既に「大日本プロレス」で横浜市民に根付いている感もあるし
実際、大日本のメインで趙雲が出られるかと言えば
デスマッチでもやらない限り無理だろうし
今回登場した牛将軍にも同じことが言えるだろう。
常々思っていたんだけれども
高木三四郎とユニオンの関係もそんな感じに見える。

さて、そんなSアリを見ていたら急に
小幡優作、GENTAROいわくオバユウについて書きたくなった。
画像が古いが今はこんなのしかない。



1984年2月13日生まれの23歳。
身長175cm、体重75kg
富山県滑川市出身。
デビュー戦は2005年4月24日、vs石川はじめ

KAIENTAI DOJOでデビュー、GETの一員として活動するも
2006年9月に勤王党加入。かと思えば11月に退団、
アパッチプロレス軍所属となる。
この件でどうやらKとアパッチの関係は
ギクシャクしたものになり、
アパッチからKAIENTAI DOJO勢は緩やかにフェードアウトした模様。


特筆すべきは、この身長があってこの瞬発力。
ドロップキックの打点が高く
コーナーからのミサイルキックもすさまじく高い。
顔もほどほどに良く、女子の声援も多い、
いわば「キックを使わない飯伏幸太」。

アパッチではその運動能力の高さ以上の個性が無いため
個性派揃いの選手の中で埋もれてしまっているのが残念だが
大日本プロレスでは彼の評価を上げるカードがよく組まれ、
ほぼレギュラー参戦を果たしている。

ものすごく雑感。
最初に小幡を見たとき、なぜか、
藤田穣(ミノルに非ず)に似ていると思った。

そして試合で動きだすと、
やっぱり昔の藤田穣を思い出してしまった。

スタイルも顔も似てはいないんだけど、
雰囲気が、なんとなく似ている。

今後の活躍に大いに期待しましょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< パチンコで引退 HOME MAKEHEN8 >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者ブログ [PR]