忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○CMLL認定KO-Dタッグ選手権試合
<王者組>中澤マイケル&松永智充
    vs P・トーゴー&A・本多<挑戦者組>

ディック東郷が立ち上げた「スーパークルー」
というプロレスの学校がありまして。
実質2年で運営は終わってしまったが、ここでの最大にして
唯一といっても良い実績は「松永智充を輩出したこと」である。

卒業生でそこそこ活動しているといえば
佐藤悠己とかもいるわけだが、
今の松永のポジションには遠く及ばない。
他の生徒たちははやてのところで面倒を見てもらっているようだが
今のインディー人余り状況では、よほどのことが無い限り
そこから飛び出すことは難しい。

前にも書いたが「プロレス学校」の生徒と
「プロレス団体」の練習生では、深くて大きな違いがある。

さて、松永こと、まっちゃんだ。
プリンス・トーゴーはディック東郷の親戚なのだが
まっちゃんは今でも「トーゴー」と聞くだけでチビりそうなくらい
びびってしまうんだそうだ。

そんなことを言っても。
かつての師を挑戦者に迎えるのは、
弟子にとっては何よりの恩返しではないだろうか。
そしてそれは、師にとってもまた嬉しいことではないだろうか。
ヌルヌルという飛び道具はあっても
ただそれだけの選手でないことは、
今までの防衛記録が何よりの証拠だ。

これでまっちゃんが防衛できれば最高の恩返し。
今度のホールで、実は一番見たいカードなのだ。
PR
時の流れは早いもので……
もう来週の日曜は後楽園大会。あっというまだ。

13日新木場の出来事。
三四郎の鼻に紙テープが直撃。
三四郎と諸橋がヌルヌルする。
aWo、アントンとトーゴーがタッグベルトへの挑戦を表明。
飯伏とBMLの戦いが激化。

20日新木場の出来事。
アメバルがPSJから国籍をえさに蛇パニーズバルーンに。
病院でまで襲撃を受けた飯伏、三四郎を「高木」呼ばわりし
後楽園でBMLと闘うと宣言。
ディザスターBOX問題について、リング上でミーティング。
適当に切り上げようとしたところで大家が登場するもグダグダに。
KUDOがヌルブラとタッグ結成し(ヌルヌルフラグ立ちまくり)
aWoと対戦、アラモから勝利。

昨日までの流れから、7.1後楽園で決まってるらしいカードを列挙してみる。

○Koo様タイトルマッチ
挑戦者はKUDO。

○ヌルブラタイトルマッチ
挑戦者はアントンとプリンス・トーゴー。

○DDTvsBML
飯伏&高木vs原&臼田

○ディザスターBOXにけじめをつけるカード
親方権を天井から吊るしたラダーマッチだ!

ちなみに本日、飯伏はプロレスサミットでも大活躍した模様。
そして東郷一族はどれだけベルトを持つつもりなんだ。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者ブログ [PR]